デザインスプリント1日目

1日目は「理解する」。メンバー全員の知識や見解をディスカッションして共有し、ビジネスやサービスに対する問題点・課題を明らかにして、メンバー内で現状の理解を一致させる日。

1-4:ユーザーストーリーを決める

デザインスプリント実践ワークショップ

■ユーザーストーリーはまず「三段構成」で表すこと。

ユーザーストーリーからユーザーストーリーマップへ

ユーザーストーリー(左上)をまず文章の流れ通りフロー図にし(右下)、次にユーザーの動きや導線をイメージして前後を入れ替えたり、新しいアクションを加えたりして最適化(右中央)する。

デザインスプリント スプリントウィーク1日目 ユーザーストーリーマップ

■左上段がユーザーストーリー、右がユーザーストリーマップ。

ユーザーストーリーマップは、ユーザーの自然な動きや導線を意識してフローの前後を調整する。

デザインスプリント 1日目 ユーザーストーリーマップ

■ユーザーストーリーマップの完成版(右遷移図)

ご質問はコメントで!

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスは公開いたしません。

内容をご確認の上、送信してください。

デザインスプリント

リーダー向け
わずか5日で売れる商品を開発する方法

意見の対立が全く起こらずに、意図した成果を最短で生み出すスピード会議法。