デザインスプリント3日目

3日目は「決める」。試作するにふさわしいストーリーを絞り込む日です。

3-3:前提とテストの方法を決める。

デザインスプリント実践ワークショップデザインスプリント実践ワークショップ

■投票数の多いストーリーボードをもとに「テストで何を学びたいか=前提とテストしたい事柄」を定める。

ここでは、5日目でテストしたい事を決めるため、「前提」を明らかにすることが大切。

「前提」とは、ユーザーがどんな行動をしたら「予想通り」で、どんな行動をしたら「予想外」なのか、考え方の「軸」、「指針」を決めること。

言い換えると「仮説検証」するための「仮説を立案する」ことと似ている。

ユーザー前提:
いらない服が思った以上の金額で売れることがわかれば、売りたくなるユーザーは存在する。

テストする事柄:
ユーザー登録をすることで、服がいくらで売れるか分かるなら、アクションをする。

ご質問はコメントで!

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスは公開いたしません。

内容をご確認の上、送信してください。

デザインスプリント

リーダー向け
わずか5日で売れる商品を開発する方法

意見の対立が全く起こらずに、意図した成果を最短で生み出すスピード会議法。