デザインスプリント ファシリテーターオンライン養成講座

デザインスプリント ファシリテーター養成講座

これは、先行きが見えない今の時代において、どの企業も直面している大きなテーマです。

組織の壁や人の壁取り払い、組織文化を変えること。これがその突破口であることは、言うまでもありません。

しかし、あなたがもし今までに、そのためにいろいろな方法を試したり、あるいは勉強をしているのであれば、これがいかに容易に実現できかねる、難しいことであることが、身に染みてお感じのことと思います。

方法は、ないのでしょうか。

いえ。うまくいっている企業は、あるのだから

きっと方法があるはず。

そうお考えになったあなたは、とても賢明です。

実は、すぐ手が届くところにそれがあることを、 今、知っていただきたいのです。

デザインスプリントとは?

Googleで生まれたサービス開発・商品開発における失敗を防ぐ概念・仕組みです。

新規サービス・商品が本当に売れるどうかを、販売前に仮説検証を行うことでその確度を最大限に高めるGoogle独自の解決方法です。

サービス開発・商品開発における問題点のほとんどは【1】長くて決まらない会議、【2】意思決定者不在の進行、【3】間違った開発プロセス、【4】データありきの進行、【4】アイデア主体の進行、にあります。

これらを【1】顧客インタビューによる仮説検証、【2】無記名によるアイデアの見える化、【3】”投票”によるアイデア決定の合理化、【4】時間制限によるスピード進行などの統合的な実務環境により参加メンバーの意識を変えることで、わずか3日で目に見える成果を創出します。

時間と成果は従来の10倍以上、遅れがちだったスケジュールもわずか数日でオンスケを実現できます。

新型コロナ感染対策を前提にした集合型プログラムと全行程オンライン実施プログラムの2タイプがあります。

デザインスプリント ファシリテーターとは?

デザインスプリントの全プロセスの進行役・指南役です。開発チーム、改善チームの進行を客観的な視点でナビゲートし、期待成果をコミットします。

この実務を実施できるようにオンライン講座化したのが「デザインスプリント ファシリテーター養成講座(通称「ファシリテーター養成講座」)」です。

「ファシリテーター養成講座」を修了すると、【1】社内でのデザインスプリント実施、【2】スプリントジャパンからのファシリテーター依頼案件、を業務いただくことができます。

「ファシリテーター養成講座」のカリキュラム(オンライン講座)

オンライン動画の視聴

  • 1.デザインスプリントの概念理解
  • 2.デザインスプリント01のプロセス理解
  • 3.デザインスプリント3.0のプロセス理解
  • 4.ファシリテーションの理解
  • 5.ファシリテーターになるためのチェックポイント
  • 6.ファシリテーション力を向上させるスキル
  • 7.ファシリテーションのケーススタディ
  • 8.ツールの使い方

レポート提出

  • ・講座修了後の目標やご自身の価値観をレポートにしてご提出
  • ・評価・アドバイス

修了証発行

講座受講費用に含まれるもの

  • 修了証書
  • 修了日より1年間のサポート費用(更新メソッドの配信・解説、最新のスプリント・キット*のご提供)
  • ファシリテーター専用コミュニティの利用

本講座は2018年から実施されているスプリントジャパンの認定資格です。

講座を修了後には正式に「デザインスプリント ファシリテーター」と名乗っていただき、社内・外で活動いただけます。

SPRINTマスターについて 「SPRINTマスター」になるには、「デザインスプリント ファシリテーター」としての知見・実務経験以上に、新規事業開発の進行に必要な「デザインスプリント01」「デザインスプリントEX」「EXOスプリント」の3のプロセスとプラグラムすべてに精通いただく必要があります。

そのため「ファシリテーター養成講座」の上位資格である「SPRINTマスター講座」を別途ご受講ください。

「SPRINTマスター講座」を修了されると、デザインスプリントの全メソッドを基に独自のプログラム開発(OEM販売可)・アレンジをしていただけます。

なお「SPRINTマスター講座」の受講資格は、「デザインスプリント ファシリテーター」の実務を3回以上終了した方が対象となります。

「ファシリテーター養成講座」にご興味ある方へ

「デザインスプリント ファシリテーター養成講座」は、社内・外でデザインスプリントを実施されたい方向けに、定期的に募集をしています。

ただしいわゆる「資格ビジネス」を展開したいわけではありませんので、本当に必要な方のみ限定的に資格を発行させていただいております。

ここまでお読みになり、ご興味のある方は下記よりお問い合わせください。

「デザインスプリント ファシリテーター オンライン養成講座」の資料請求はこちらから。

資料請求