デザインスプリントのメリット・特徴

デザインスプリントの最大の特徴は、3日で新規事業開発の初期フェーズが終わる、ということです。速さだけでなく、もちろん優れたプロセスがあれば正しさや精度も担保できます。

あなたがご担当のプロジェクトで、1ヶ月から1年以上かかる計画がわずか3日で終わるとしたら、どれだけ会社に貢献でき、あなた自身の評価が上がるか想像してみてください。

3日で終わることなのに、わざわざ1ヶ月も1年もかける必要があるでしょうか?「時間をかければいいものができる」という考えは、単なる幻想であることを「ファーストチェス理論」という研究結果が証明しています。

すでにスケジュールが立っている事業計画・商品計画であれば、デザインスプリントの効果はかなり高いと言えます。

執筆者

SPRINTマスター夏本 健司

SPRINTマスター

夏本 健司

スプリントジャパン株式会社 代表取締役。東京藝術大学美術学部卒業後、テレビ朝日グループ、電通グループを経て2002年に独立。

20年間UIデザイナー業務を行ったのち、2016年よりデザインスプリントのテストマーケティングとメソッドのローカライズ化を始める。

主な実績
1998年:保険業界の新規ビジネスにて5億円の出資を成功させる
2000年:建築業界の新規ビジネスにてゼロから月商4000万円の事業へ
2002年:金融業界の新規ビジネスにて会員数を2万人から20万人へ成長させる
2004年:教育事業の立ち上げにて52のカリキュラム構築を担当
2005年:健康分野の新規ビジネスにて3ヶ月で損益分岐を達成
2016年:デザインスプリントをサービス化を開始

デザインスプリント ワークショップで解決する現場の課題

日程はこちら