顧客開発モデルとデザインスプリントとの関係

顧客開発モデルとは

   

顧客開発モデル(Customer Development Model)とは、スタートアップ企業が市場にフィットした製品やサービスを開発するためのプロセスを体系化したもので、スティーブ・ブランク(Steve Blank)によって提唱されました。このモデルは、以下の4つの主要なステージで構成されています。

Step1. 顧客発見(Customer Discovery)

  • 顧客の問題やニーズを特定します。
  • 仮説を検証するためのインタビューや調査を行い、市場のニーズを理解します。
  • 問題を解決するための製品やサービスのコンセプトを構築します。

Step2. 顧客検証(Customer Validation)

  • プロトタイプや初期製品を用いて仮説を検証します。
  • 顧客からのフィードバックを収集し、製品が市場に受け入れられるかどうかを確認します。
  • 製品やサービスのビジネスモデルを確立し、販売戦略を検証します。

Step3. 顧客創造(Customer Creation)

  • 製品やサービスを市場に投入し、顧客ベースを拡大します。
  • マーケティング活動を強化し、新規顧客の獲得に注力します。
  • 販売チャネルやプロモーション戦略を展開し、成長を促進します。

Step4. 事業構築(Company Building)

  • ビジネスをスケールアップし、持続可能な成長を目指します。
  • 組織体制を整え、プロセスやシステムを構築します。
  • 長期的なビジョンに基づいた経営戦略を策定し、企業の発展を図ります。

このモデルは、スタートアップがリスクを最小限に抑えながら市場に適した製品やサービスを開発し、成功するための重要なガイドラインとなっています。また、顧客のフィードバックを重視し、柔軟に対応するアプローチが特徴です。

顧客開発モデルのメリット

顧客開発モデルは、リーンスタートアップの代表的な手法の一つであり、**「顧客のニーズを満たす製品・サービスを開発する」**という目標を達成するための仮説検証サイクルを高速に回すことを目的としています。

従来の「作って売る」モデルとは異なり、顧客開発モデルでは、まず仮説を立て、実際に顧客と対話することで仮説を検証し、必要に応じて修正していくことを繰り返します。

このプロセスにより、以下のメリットを得ることができます。

1. 失敗を最小限に抑える

顧客開発モデルでは、製品・サービスをリリースする前に、実際に顧客と対話することでニーズを把握することができます。そのため、市場に出してから大幅な修正が必要になるリスクを減らすことができます。

2. 開発コストを抑える

顧客開発モデルでは、必要最低限の機能のみを備えた製品・サービスをMVP(Minimum Viable Product)として開発し、顧客の反応を見ながら機能を追加していくため、開発コストを抑えることができます。

3. 顧客満足度の高い製品・サービスを開発する

顧客開発モデルでは、開発段階から顧客と密にコミュニケーションを取ることで、顧客のニーズを深く理解することができます。そのため、顧客満足度の高い製品・サービスを開発することができます。

4. 迅速な事業成長を実現する

顧客開発モデルでは、仮説検証サイクルを高速に回すことで、短期間で製品・サービスを改善することができます。そのため、迅速な事業成長を実現することができます。

5. チームのモチベーションを高める

顧客開発モデルでは、顧客から直接フィードバックを得ることができるため、チームメンバーのモチベーションを高めることができます。

顧客開発モデルの主なタスク

顧客開発モデルを実践する方法は具体的に定められたいないですが、主なタスクとして以下のようなものがあります。

  • インタビュー:潜在顧客と直接対話を行い、ニーズや課題を把握します。
  • アンケート:多くの潜在顧客から意見を収集します。
  • A/Bテスト:異なるバージョンの製品・サービスを顧客に提示し、どちらがより好まれるのかを検証します。
  • MVP (Minimum Viable Product):最小限の機能を備えた製品・サービスをリリースし、顧客の反応を見ながら機能を追加していきます。

顧客開発モデルとデザインスプリントの関係

顧客開発モデルは、新商品開発及び新規事業開発の成功確率を高めるための最も有効な手段です。顧客との密接なコミュニケーションを中心に商品開発・事業開発を行っていくことで、失敗を最小限に抑え、顧客満足度の高い商品を早期に開発することができます。

顧客開発モデルを正しく実践することで、事業の成功を収める可能性が大幅に向上します。

以上のように、デザインスプリントの下敷きになる本質的な考え方として、事業開発において知っておくべき基礎式と言えます

執筆者

SPRINTマスター夏本 健司

SPRINTマスター

夏本 健司

スプリントジャパン株式会社 代表取締役。東京藝術大学美術学部卒業後、テレビ朝日グループ、電通グループを経て2002年に独立。

20年間UIデザイナー業務を行ったのち、2016年よりデザインスプリントのテストマーケティングとメソッドのローカライズ化を始める。

主な実績
1998年:保険業界の新規ビジネスにて5億円の出資を成功させる
2000年:建築業界の新規ビジネスにてゼロから月商4000万円の事業へ
2002年:金融業界の新規ビジネスにて会員数を2万人から20万人へ成長させる
2004年:教育事業の立ち上げにて52のカリキュラム構築を担当
2005年:健康分野の新規ビジネスにて3ヶ月で損益分岐を達成
2016年:デザインスプリントをサービス化を開始

ソリューション改善のスピードを上げる!

無料相談

zoomにて30分で解決します。