「デザイン思考」の誤解を解く

最近しばしばニュース記事に取り上げられるうようになった「デザイン思考」ですが、どうやら曲解をされたり、都合の良いように解釈されている傾向があるので、本質的な部分について書いてみたいと思います。

まずWikipediaで調べてみると、

「デザイナーがデザインを行う過程で用いる特有の認知的活動を指す言葉」

となっています。

私は、20年来(学生時代も含めると25年以上)アートとデザインの分野に身を置いていましたが、作品を制作する時、諸先輩や担当教授によくこんなことを言われました。

「手を動かしながら考えよ」

今でもこの言葉は、いつも心のどこかにひっそり置いてあり、ことあるごとに思い出しています。

このことも含め、アートやデザインの分野では「当たり前」として言語化されていないことを体系化したものが「デザイン思考」の本質部分なのです。

これ以外には、いくつかの「先人の教え」があり、それは次のようなものです(以下、順不同)。

「全体と部分を常に相互に対比しながら進める」

「発散と収束を繰り返し求めたい答えを発見する」

「言語ではなく視覚言語を使う」

「直観やセレンディピティを大切にする」

「利用者視点で考える」

これに加え、

「一度やり出したら、集中して終わるまで続ける」

という暗黙の掟のようなものもあります。

およそビジネスの現場で言われていることとは真逆のことを、デザイナーという職種の人たちは「掟」として守って創作活動を続けてきました。

ビジネスの現場で言われていることとは真逆なので、昨今、「デザイン思考」という概念で新鮮に取り上げられているのではないかと思います。

こういった背景があるので、表面的なところだけ捉えられて曲解をされたり、都合の良いように解釈されたりするのでしょう。

もちろん、ここで「デザイン思考」のことについて書いたのは、弊社のサービスである「デザインスプリント」のファシリテーションに通じているからです。

私自身、実は「デザイン思考」のファシリテーターも務めたこともあるのですが、実践方法を具体的に突き詰めると「デザインスプリント」になっていくことが、体験を通して実感できました。

ですから、「デザイン思考」の定義が間違っていたり、ブレていたりすると、あまり良くないのです。

もし、あなたが「デザイン思考」についてもっと深く学びたかったり、興味を持っていただいたのなら、実践方法としての「デザインスプリント」を学んでみることをお勧めします。

スプリントジャパンでは”SPRINT”として、理論と実践法を短期間で体系的に学ぶことができます。

執筆者

SPRINTマスター夏本 健司

SPRINTマスター

夏本 健司

スプリントジャパン株式会社 代表取締役。東京藝術大学美術学部卒業後、テレビ朝日グループ、電通グループを経て2002年に独立。

20年間UIデザイナー業務を行ったのち、2016年よりデザインスプリントのテストマーケティングとメソッドのローカライズ化を始める。

主な実績
1998年:保険業界の新規ビジネスにて5億円の出資を成功させる
2000年:建築業界の新規ビジネスにてゼロから月商4000万円の事業へ
2002年:金融業界の新規ビジネスにて会員数を2万人から20万人へ成長させる
2004年:教育事業の立ち上げにて52のカリキュラム構築を担当
2005年:健康分野の新規ビジネスにて3ヶ月で損益分岐を達成
2016年:デザインスプリントをサービス化を開始

新規事業開発の正しいメカニズムと目標達成のための原則を短期間で学べる講座です。

”SPRINT”オンライン講座