10万部の大ベストセラー「SPRINT 最速仕事術」はデザインスプリントのメソッドが凝縮されていますが・・・

デザインスプリント本の中でうまくいかない4箇所

実はそのまま実践すると失敗します。何故なら日本の企業風土には合わないからです。

"SPRINT"のバリエーション

"SPRINT"には、デザインスプリントを含めていくつかのバリエーションがあります。目的と事業開発のステージに合わせて使い分けることが失敗を防ぐ最大の勝因です。ここでは、いくつかの"SPRINT"を紹介します。

事業開発初期段階

デザインスプリント01

顧客課題の発見と初期プロトタイプ創出という事業開発の初期段階で必要なプロセスを実行することに特化したスプリントです。

中期段階

デザインスプリント3.0

顧客課題発見と初期プロトタイプを創出後の事業開発の中期段階において、短期ゴールと課題設定を行う場合に特化したスプリントです。

最終段階

ExOスプリント

事業開発の最終段階として、事業拡大のために必要な中長期ゴールと飛躍的成長路線を定義する場合に特化したスプリントです。

会議のファシリテーション及びデザインスプリント ファシリテーターのスキルをすべて学べるオンライン講座です。

ファシリテーター養成講座