デザインスプリントとは?

Googleで実践されている、商品化までの道のりを効率的に短縮できる仕組みです。
デザインスプリントとは?

プロセス1「理解する」

目標やヴィジョンに対してチーム内で多様な見解があること認識するフェーズです。「終わりから始める」と「Sprintクエスチョン」で、効率的に必要な情報を見える化します。

プロセス2「定義する」

ここではプロダクトの主要な戦略と焦点を定めます。「Map」を「専門家に聞く」によって精緻化して、「ターゲット」で以降のプロセスの基盤を作ります。

プロセス3「拡散する」

「問題解決の基になるアイディアを広げる段階です。「光速デモ」「Sketch」でアイディアの幅を広げながら、効率的に昇華させることができます。

プロセス4 「決定する」

アイディアを絞り込んで解決策へ昇華させる段階です。「サイレント投票」「スーパー投票」などにより通常の数十倍素早くアイディアを絞り込むことができます。

プロセス5 「試作する」

極めて短期間で、検証可能な最低限のプロトタイプを作ります。まず正しいプロトタイプを選び、テスト駆動開発の考え方で制作を進めます。

プロセス6 「検証する」

プロトタイプの良し悪しとプロダクトのニーズを検証(テスト)するプロセスです。「5幕構成」と「いい悪いメモ」でテスターから反応を得て、その場で改善点を導き出します。

デザインスプリント、スプリント、超速仕事術
デザインスプリント、スプリント、超速仕事術
デザインスプリント、スプリント、超速仕事術
デザインスプリント、スプリント、超速仕事術
デザインスプリント、スプリント、超速仕事術
デザインスプリント、スプリント、超速仕事術

ワークショップのスケジュールや内容はこちらで確認いただけます。

ワークショップ詳細